洗濯機の移動は引越し業者一括見積もりが便利

洗濯機引越し業者

 

引っ越しをする場合には小物は段ボール箱などで梱包して持ち出しますが、大きな家財は廃棄して新たに買い揃えるか、そのままの状態で移動しなければいけません。洗濯機は大型の荷物に該当し、新規で購入するにも費用がかかってしまうので、そのまま移動したいと考えるでしょう。しかし大きな荷物になると引っ越し費用も高くなるので、コストパフォーマンスを良くするためにも引っ越し業者一括見積もりを行い、自分の希望に一番適合した業者を選ぶことが大切です。

 

引っ越し費用というのは一律ではなく、業者によってやり方が異なるので違いがあります。洗濯機のような大型家電は特殊な荷物に該当するので、業者によっては別料金になってしまうところもあり、調べずに適当に業者を決めると後悔するような場合も生じてしまいます。この一括見積もりには洗濯機の項目があるので、まずは調べてから業者を決めても遅いとは言えません。

 

荷物を丁寧に指定された時間内で移動するのは当然ですが、引っ越し業者によって差があるのも確かです。一括見積もりはインターネットを使えば簡単に検索でき、しかも無料で使えるので、引っ越しが決まってどこに頼むのか決めていなければ、まずは一括見積もりで自分の希望する費用と内容を実施してくれるところを探すといいでしょう。

便利屋さんを利用しての引越し

洗濯機移動

 

生活をするうえにおいて引越しをする事は何度かあるかもしれません。新しく住む家の場所や間取りによってもその方法は変わってくる事にはなりますが、基本的には自分を含めて荷物を移動しなければなりません。これは決して簡単なものではなくて、時間と労力と費用が発生します。一度ならまだなんとかしようと考えても、単身赴任など何度も引越しする事になってしまう場合はやはり大変です。業者に依頼をする場合もタイミングによっては予約をする事ができなかったり、費用が余分にかかってしまったりと、様々な事にもなります。そこで利用を検討したいのが便利屋さんです。

 

何も全て引越し業者に依頼をしなければならないということはありません。逆にちょっとした引越しなどで大手の引越し業者に依頼をするよりもフットワークが軽くて依頼しやすいとも言えます。

 

このような便利屋さんを利用して引越しする場合はまず連絡をしてみて、引越しのタイミングや荷物の量を相談するといいです。その上で自分でできる事もありますので、話をしてから決めていく事です。便利屋さんは街の中にもいくつかあります。意外といろいろな作業にも対応してもらう事も可能なので聞いてみる事です。

大手の引越し業者と地元の引越し業者どちらがお得?

洗濯機移動お得

 

引越しの際に利用する業者は、大手と地域に密着した地元業者の2種類あります。どちらがお得な料金であるのか重視して選ぶ場合、考えたいのは引越しの距離です。市外や県外など長距離の引越しなら、基本的には大手を選んだ方が良いです。

 

大手業者は全国に支店を構えているため、荷物の搬出や搬入をするスタッフはそれぞれの土地にある支店のスタッフが行います。そのため人件費が押さえられるため、長距離は料金が安くなります。反対に近距離の場合は、大手より地元業者の方が安くなる可能性が高いです。規模の小さな業者は大手に対抗するため、安い金額で請け負っています。また大手業者は膨大な宣伝広告費をかけていますし、必要ないサービス料金が含まれている可能性もあります。利用者にとっては宣伝広告費は必要ないコストですし、いらないサービスの料金は払いたくもないでしょう。

 

地域密着の地元業者は宣伝広告費を節約していて、さまざまなサービスは用意されていなかったり、あっても必要な場合は付け足すシステムになっています。そのため近距離引越しの場合は、安くなる可能性が高いです。最終的には見積もりをとって比較すべきですが、基本的には引越しの距離でどちらがお得か変わります。

引越し荷物を、引越し業者が紛失した場合、弁償してもらえるか

洗濯機移動荷物

 

引越しを業者に依頼したものの、荷物が紛失した場合はその業者に損害賠償してもらえるのが基本です。これは標準引越運送約款もとい日本国憲法で定められているもので、業者側のミスではなかったと証明できなければ依頼主が申し出た被害に対応しなくてはなりません。そのため荷物が紛失しても問題はないですが、注意点はあります。

 

まず賠償金は業者に任せられており、差異があるのが実際のところです。全額賠償となる事はあまりないうえに、一般的には使用年数によって金額が決められています。他にも弁償は金銭ではなく、紛失した品と同種の代替え品である場合もありますが、最も注意すべき点は時間です。

 

実は紛失の被害を業者に申し込める期間は引越しから3か月以内であるため、この期間を過ぎれば賠償してもらえる可能性はないとされています。そのため紛失に気が付いたら急いで連絡すべきですが、期間内であっても業者によっては賠償を拒否するケースもあり、その時はその業者の本社や消費者センターに相談すべきです。前者であれば支店である問題の業者に弁償するように働きかけ、後者であれば対応してもらえるように解決法を提案してくれます。いずれにしても行動あるのみです。

どちらがお得?自分での引越しと業者での引越し

洗濯機移動引越し

 

自分での引越しと業者での引越し、どちらがお得かと言えば自分で引っ越した方がコストは抑えられます。具体的には業者に依頼した場合は数万円ほどかかるものの、自力で引越しした場合は約5000円です。しかしこれはコスト面だけの話で、リスクや準備を踏まえれば話は変わっていきます。
まず引越しには車が必要です。

 

車がなくては移動もままならないですが、引越しするうえでは欠かせない作業である運搬についても自力では限界があります。業者では物品を運ぶ際に壁や床を傷つけないように養生と呼ばれる処置がされており、それらはボードやテープなど専門のアイテムで進められるものです。当然業者では準備されているものの、自力であれば自分で揃えなくてはなりません。しかし万全の状態にするのは難しいのが実際のところです。たとえ揃えようとしたとしても、コストが嵩むだけとなります。

 

他にも運搬時に荷物を破損させる可能性が高いです。特に洗濯機を取り外す際に起きやすい水漏れ事故は損害賠償として賠償金を支払わなくてはならないケースもあるため、総合的に考えれば業者の方が安心できます。コスト面に関しては複数の業者で見積もりしてもらい、安いプランを探すのがベストです。

引越しにかかる初期費用はどのくらい?:自分で引越をした場合の初期費用

洗濯機移動

 

引越しの荷物量が少ない場合、自分で引越しをした方が費用がかからないかもしれないと考える方もいるはずです。では、自分で引越しをした場合、どのくらいの初期費用がかかるのでしょう。まず必要なのが荷物を詰めるための段ボールと運ぶための手段である車両です。

 

荷物の量にもよりますが、平均的な家具を持つ一人暮らしの場合、段ボール代は3000円程度が目安となります。車両は小型の軽バンや軽トラックであれば半日で5000円程度、ハイエースやワンボックスのような大型普通乗用車で13000円程度かかります。それに加えて、レンタカーの場合はガソリンを満タンにして返さなければいけませんので、ガソリン代が必要です。基本的には自分で引越しした場合にかかる初期費用はこれだけといえますが、実際には友達や家族に手伝いを頼むこともあるはずです。この場合、上記の金額に加えて謝礼が必要となります。

 

家族であれば謝礼までする必要はないかもしれませんが、引越しは重労働ですので友人に頼むのであれば、3000円~5000円程度は用意しておくべきです。もしも、相手が金銭でのお礼に抵抗を示したのであれば、当日の飲食代などにかえてもよいでしょう。